模試や定期テストの結果に一喜一憂しないこと!

アイキャッチ中学受験

復習テストや全国テスト・模試の結果ってものすごく気になりますよね。

塾ではこれらテストの成績によってクラス分けされており、上位クラスと下位クラスでは進度も異なり目指す志望校のレベルも変わってきます。

毎度のテストでコロコロとクラス変えがあるわけではありませんが、成績によって上位クラスへ上がることもあれば下位クラスに落ちることもあります。

ちょうどボーダーラインにいるお子様は復習テストのたびにドキドキすると思います。

また全国テストでは順位や偏差値が出るので志望校を決める際の参考にすることでしょう。

しかしこれらのテストは頻繁に実施されるので、いちいち結果を見るたびに一喜一憂するのはやめた方が良いですよというお話。

一喜するのはまだOK

一喜一憂するなとは書きましたが一喜することはそれほど問題はないと思います。

結果が良ければ当然志望校への合格可能性も高くなり親としてもうれしいですし、いっしょに喜んだり褒めたりするとお子様もうれしでしょう。

褒めて伸ばせとは良く言いますがお子様のモチベーションも上がると思います。

我が家では目標にした順位をクリアしたら食べ放題やお寿司(回転ですが・・・)などの外食に行って家族で喜んでましたね。

ただし喜びすぎると期待もどんどん大きくなってしまい、結果が悪かった時の落胆も大きくなってしまうので注意が必要です。

でもまぁ結果が良いときはいいんですよ、結果が良いときは・・・

一憂には気を付けよう

時計2

これは本当に気を付けた方が良いと思います。

結果が悪いと親も色々と思い悩むことになります。(なりました。。。)

  • 志望校判定やばいなぁ
  • このままで良いのか?
  • 他にも問題集を買った方が良いのか?
  • 他の塾に変えた方が良いのか?
  • もっと寝る時間を削って勉強させるべきか?

などなど。

そして悩みがエスカレートするといつの間にか怒りに変わることがあるんです。
いつの間にか怒っているんです!

例えばこんな感じです・・・

  • あんた何やってんの!
  • もっと真剣にやりなさいよ!
  • また同じとこ間違ってるじゃない!
  • あたのせいでみんな色々我慢してるのよ!
  • どうするの!塾辞めるの!?
  • 受験なんか止めて近所の公立中に行けば!?

などなど。。。

いかがでしょうか? 思い当たる人もいるのではないでしょうか。

これは特に熱心な人、そして父親より母親に多い気がします。

塾講師と面談をした時も同じようなことをおっしゃってました。
「お母さんはつい怒ってしまう人が多いんですよね~」と。

きっと母親の方が子供と接する機会が多くて、その分一生懸命子供のサポートをしているからこそだと思います。

こんなに親も頑張ってるのに何で? という思いからついつい感情的になって言ってしまうのでしょう。

怒って成績が良くなるわけでもないし、当の本人も落ち込んでいるんですけどね。

そこに輪をかけて追い打ちをかけてしまい、挙句の果てに塾を辞めるとか受験を止めるっていう話にまで発展したりします。

それこそ今までの苦労が水の泡になるし、怒っても子供のモチベーションは下がるだけだと頭ではわかってるはずなんですが。

まとめ

いちいちテスト結果が悪くても怒ったりしないで、お子様が次回に向けて頑張る気になれるように接してください。

親がイライラしてしまうと家の中が暗くて重い雰囲気になってストレスだらけの家になってしまいます。

お子様だって怒られたら「よし!次は頑張るぞ!」という気持ちになるでしょうか?

「ムキーッ!ウザーッ!!怒られてまで受験なんかしたくない!」
って気持ちになると思いますよ。


コメント